コラム

ファミコンとの出会いとゲーム関連カルチャー(音楽・Tシャツ)

【※ 当記事は2020年1月3日時点の情報です】

ペイヴメント(@pavement1234)です。

ゲーム好きな少年
ゲーム好きな少年

ファミコン世代で未だにレトロゲームが大好き

ファミコン世代じゃないけど、ファミコンのサブカルっぽい文化に興味がある

こんな方々に向けた情報です。

ファミコンとの出会い

家庭用テレビゲームの歴史。それはファミコンから始まったと言っても過言ではありません。

私は小学3年生のときにファミコンを買ってもらって以来、40年近くファミコンをやり続けています。特に初期のドラクエシリーズは私の人格形成や価値判断などに多大なる影響を与えています。

当時ゲームセンターが主流でしたが1983年7月にファミコン(定価:14,800円)が発売され爆発的なヒット。発売当初は、四角いゴムのA・Bボタンでしたが、ボタンが押されたままになる不具合が多発し、すぐに丸いプラのA・Bボタンに仕様変更されました。

本体と一緒に買ってもらったファミコンカセットは忘れもしないマリオブラザーズ

カセットは滅多に買えるものではなく、誕生日・クリスマス・お年玉など、をフル活用しても年に3本が限界。カセットの貸し借りが一般的でした。

私が特に好きだったのはナムコエニックス。ナムコはギャラクシアン、パックマン、ゼビウス、マッピー…とゲームセンターでおなじみの魅力的なゲームが沢山あり、エニックスは言わずもがな、ドラクエシリーズ。

ゲーム音楽

私は最近のダイナミックなゲーム音楽ではなく、ファミコン初期のチープなピコピコ音源が大好きという人間の一人です。

一例を挙げるとゼビウスのBGM。シンプルで良質なテクノって感じですごくカッコいい。YMOの細野晴臣氏がスーパーゼビウスというアルバムを作ってまして、当時このレコード持ってました。そういえば誰かに貸したままな気がするな…。CD買ったからいいけど。

チップチューンと呼ばれるピコピコ音源で作曲する人たちが増えています。サカモト教授とかYMCKあたりが有名。これらのアーティストのCDは、ファミコンTシャツ(後述)を販売していたshop33とかMETEORに売ってました。

サカモト教授の8bitジュークボックス、とても良いです。YouTubeのコメントにもありましたがスピッツのロビンソン(3分33秒ぐらいから開始される)が私的にストライク。

YMCKのYou Can Be a Star。なんか泣ける感じ…。

ファミコンからちょっと脱線しますが、当時NECのパソコンが主流でした。PC8801とかPC9801シリーズを持ってるカネモチ中学生がたまに居て、私はそういう方々の家に入り浸っていました。

そんなときに出会ったのがイース。FM音源と呼ばれる高音質のゲームミュージックに心奪われた私ですが数10万もするパソコンを買ってもらえるハズもなく、友人宅でカセットテープに録音させてもらったりしていました。

そんなイースの曲がYouTubeで気軽に聴けるのはありがたいです。ホント最高。

ファミコンTシャツ

ファミコンを題材としたTシャツってレトロフューチャー(懐古趣味的な未来像)な感じでカッコいいと思います。

shop33METEORという雑貨屋でレトロゲームを題材にしたTシャツが売られて、良く購入したものです。どちらの店も数年前に閉店したと思いこんでいたのですがTwitterで再発見。

METEORは西荻窪で営業中。

≫METEOR(HP)

≫METEOR(Twitter)

 

shop33next33.comというネットショップで継続中。

≫Next33(HP)

≫Next33(Twitter)

当時、nendo graphicsというデザイン集団がありサブカル界隈で有名でした。

私自身サブカル趣味から遠ざかりすっかり忘れていたのですが、急に思い出しネットで調べてみたところnendoという法人になっていました。

東京とミラノにオフィスを構え、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックなどを手掛けている様子。さらに調べていくと2006~2007年頃にNewsweek誌で世界が尊敬する日本人100人、世界が注目する日本の中小企業100社という感じに紹介されていたとのこと。ビッグに成長してた…。

≫nendo

レトロゲームの魅力について

昨今のハイテクなゲームも素晴らしいと思っているのですが、8bit時代のチープでローテクなゲームには独特の魅力があります。

電源ONしたらすぐにゲームを始められます。ロード時間ゼロですよ。すごくないですか?

当時、スーパーマリオの無限1UP3-1面で階段を下りてくる亀をキックするやつ)とかドルアーガの裏面タイトル画面で上×6、左×4、右×3)などの裏技を調べるのが楽しくて、コロコロコミックとかファミコンマガジンを読み漁ったものです。

まとめ

ハイテクゲームの裏でレトロゲーム文化は脈々と受け継がれている様子。

レトロゲームの魅力を、今後もご紹介していきたいと思います。

ABOUT ME
ペイヴメント
ペイヴメントのファミコン研究室(当ブログ)ではファミコンを中心とした名作レトロゲーム紹介、合法的にエミュレータで遊ぶためのROM吸い出しノウハウなどを発信しています。