コラム

【My Arcade】ギャラガ・ギャラクシアン・ゼビウスがプレイ出来るポータブルゲーム機

ギャラガ・ギャラクシアン・ゼビウスがプレイできるゲーム機を発見しました(もちろん購入)。My Arcadeと言ってレトロゲームをポータブル筐体で遊べるようにしたシリーズの1つです。アーケードとありますがROM自体はファミコンです。とはいえ30年前ぐらいの古いROMがそのまま使われてるのではなく2019 BNEI(Bandai Namco Entertainment Inc)と書かれてて、ちゃんと吸収合併したバンダイナムコの名前になってるんだなと感心した次第。

この記事で解決できること

  • 古いナムコのファミコンゲームが遊べるポータブルゲーム機を知ることが出来る。

見た目はこんな感じです

電源を入れるとMy ArcadeとPOCKLETPLAYERというタイトルが出て、すぐゲームを選ぶ画面になります。まずギャラガにカーソルを当てAボタンを押すとゲームが起動できます。

なお、電源ボタンは左上の赤いボタン、右上の黒いボタンは音量、ヘッドホン端子が筐体下についてますので周囲を気にせずプレイすることも可能です。

ギャラガが起動します。一度ゲームを開くとRESETするか電源をOFFするかしないとゲーム選択画面に戻れないことに注意。

リセットしてギャラクシアンを起動しました。

最後にゼビウスを起動しました。STARTボタンを押すとゲームが始まります。

ゼビウスが始まりました。久々すぎてエリア4のアンドアジェネシス(ボス)を残り0機で撃破したものの、すぐにザ・カートにやられてGAME OVER。

単4電池×4個でうごきます

ちょっとボケちゃってますが、筐体の裏の両側にフタがついてて、カパッと外すと単4電池が左右それぞれ2個ずつ入れられる感じです。

そういえば、こんな箱に入ってました。

まとめ

今回ご紹介したのは、My Arcadeのポケットプレイヤーという機種ですが、ゲームセンター筐体型のミニプレイヤー、マイクロプレイヤーというのもあります(今回は割愛)。

≫My Arcade

ポケットプレイヤーがたまたま街頭販売していましたが、Amazonでも買えます。

My Arcadeの公式ページを見ると、ナムコ系は他に以下のシリーズがありました。タイトー系もありましたが今回は割愛。

ディグダグ・ディグダグ2・ドルアーガの塔

≫DIGDUG Pocket Player

パックマン・パックマニア・パックパニック

≫PAC-MAN Pocket Player

ミズパックマン・スカイキッド・マッピー ※これはAmazon JPではまだ売ってないかも(2020/2/11現在確認できず)

≫MS.PAC-MAN Pocket Palyer

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

ペイヴメントのファミコン研究室(当ブログ)ではファミコンを中心とした名作レトロゲーム紹介、合法的にエミュレータで遊ぶためのROM吸い出しノウハウなどを発信しています。

-コラム

Copyright© ペイヴメントのファミコン研究室 , 2020 All Rights Reserved.