未分類

【マッパー185】CNROMとバンク切り替え

前にFCダンパー(New FC Dumper)でファミコン用ROMを吸い出す方法とエラー対策という記事を書きました。

普通のファミコンROMの吸い出しはこれで対応できるのですが、一部のROM吸い出しにはコツが必要。

①②③は上記リンク先の記事で対策まで書いてますが、④はNew FC DumperでROMを吸い出しても正常に動作しません。CNROMとバンク切り替えということが関係しているようですが私にはちょっとレベルが高くてよく分からないので紹介サイトを見て勉強してみました。

①マッパー4を88に変えるもの

メトロクロス、スカイキッド、ワルキューレの冒険

②CHR SIZE=0を8Kに変えるもの

ギャラクシアン

③最近発売された未定義のもの

8 bit MUSIC POWER

④マッパー185

B-WINGS、マイティ・ボンジャック、セクロス、バードウィーク、クォース、バナナ、スパイVSスパイ、オセロ、けいさんゲームなど

この記事で解決できること

  • マッパー185に関する知識を得ることが出来る(但しROM吸い出し方法は不明)。

マッパー185に関する情報を扱っているページ

≫Enri's Home PAGE ファミリーコンピューター ROMカセット マッパー3、66、185

マッパー185の回路図と仕組みについて説明されている。

マッパー185のROMはバンク切り替えをする(CHR ROMをオフにする)約束になっていて、バンク切り替えができないと無限ループになる様子。不正コピー時にゲームを起動させなくするための簡易コピーガードと理解。

マッパー185では一応CHR ROMのオン/オフ用として別けダビング機対策の為のプロテクトのエミュレートとして使用しているようです

プロテクトのチェックはバンク切換え(正確にはCHR ROMオフ)にしてCHR ROMのデータをチェックして変化(オフ出来ない)がなければ無限ループになるのが大半になります

出典:Enri's Home PAGE ファミリーコンピューター ROMカセット マッパー3、66、185

 

≫INES Mapper 185

英語なのでGoogle翻訳した。マッパー185は弱いコピー防止手段を備えたCNROMボードで使われているという情報が得られた。

さらにCHR ROMのバンク切り替えのアドレスと設定値がまとめられている。

iNES Mapper 185 is used for games that use the CNROM board with weak copy protection measures.

(Google翻訳)iNES Mapper 185は、弱いコピー防止手段を備えたCNROMボードを使用するゲームに使用されます。

出典:INES Mapper 185

 

≫CNROM

CNROMについて書かれたサイト。

まずCNROMの概要がかかれている。

CNROM は 1986 年以降によく利用された基板の名称。バンク切り替えの仕組みが非常に単純で、自作ROMにも広く利用されている。
一見単純に見える仕様だが、簡単なコピープロテクトの仕組みを持ち、ファミコンでは CNROM が出始めて約1年間のわずかなソフトにコピープロテクトが使われている。

出典:CNROM

さらにCNROMファミリーライターと呼ばれる任天堂非公認のROMダビング機への対策とROM容量向上の意図があったことが説明されている。

CNROM の protection に関する考察

CNROM が登場する前の 1985 年の時点でソフトをコピーするファミリーライターというものが存在していた。ファミリーライターは EPROM と消去のための穴を設けたカートリッジ「生カセット」でデータを書き込む装置である。これは任天堂非公認の怪しいものであった。当時はバンク切り替えがあるカートリッジはごく一部で、大半のゲームソフトは Program ROM 32KB + Charcter ROM 8KB のデータを書き換えることで動作した。ファミリライターの対策と Charcter ROM の容量向上を兼ねたカートリッジが CNROM と見て良いだろう。1986年4月に出たソフトは Charcter ROM のデータサイズが 8KB であるが、未使用ページへバンク切り替えを行って、未使用データがでないとゲームが起動しないようになっている。これはバンク切り替えを持たないファミリライターへの対策である。CNROM のプロテクト機能は1987年以降には積極的に使用されていない。これはプロテクトの構造が非常に安易だったことと、Charcter ROM のデータを 32KB を使うゲームが増えたこと、ディスクシステムが流行したことなど複数の理由が関与していると思われる。特にディスクシステムは注目されていてソフトの供給が増えており、コピーの手法がかなり早い段階で確立していたようだ。1987年のバックアップ活用テクニック(月刊誌ゲームラボの前身)では広告欄や記事本編でもディスクシステムのコピー方法が注目されている。任天堂もディスクにコピー防止策を講じているが、ROM カートリッジへのプロテクトは少ないように見える。

出典:CNROM

≫diodeがついているCNROM

プロテクトについて色々書かれていて参考になる。

 

≫こーどねーむ ホンコン with Arduino FC まっぷあっぷ版≫FCArduino_maup

たにやま氏という方が開発したこーどねーむ「ホンコン」 with Arduinoの吸い出しソフトを改良した「まっぷあっぷ版」というソフトでマッパー185を吸い出すことが可能になっている。

マッパー185についてこのマッパーはRead & Saveボタンを押した後キーデータを聞かれます。こちらのEnriさんのサイトのマッパー185の所のCHR ROMオンの2桁の数字がそれです。(入力できるのは0~3の範囲なのでバードウィークは対応してません)

出典:こーどねーむ ホンコン with Arduino FC まっぷあっぷ版≫FCArduino_maup

 

まとめ

結局マッパー185のROM吸い出し方法はよく分からない。

また気が向いたときに調べてみようと思う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペイヴメント

ペイヴメントのファミコン研究室(当ブログ)ではファミコンを中心とした名作レトロゲーム紹介、合法的にエミュレータで遊ぶためのROM吸い出しノウハウなどを発信しています。

-未分類

Copyright© ペイヴメントのファミコン研究室 , 2020 All Rights Reserved.